CHANGカンボジアサポート

活気にみちた急成長国! 魅力いっぱいのカンボジアへ!

インスタグラム お問合せ

カンボジアのお役立ち情報

カンボジア旅行で持っていくべきもの

カンボジアで役に立った、持っていくべきものを挙げてみます。


日焼け・熱中症対策品

カンボジアは、日差しがとても強いです。日焼け止めや帽子は必需品、サングラスもあるといいです。

熱中症対策としては、常にミネラルウォーターを携帯し、こまめに水分補給するようにしてください。


虫よけ

蚊やデング熱に注意が必要ですので、虫よけは必須です。

スプレータイプより、ミストタイプで肌にしっかりと押さえつけるように付けると、とても効果があります。

写真は私かがいつも使っているミストタイプ。とてもよく効きます。

カンボジアで虫よけ必須

それでも虫に刺されることはありますので、虫刺されの薬も持っていきましょう。


ティッシュペーパー

ティッシュペーパーをは多めに持って行きましょう。

ホテル以外のトイレには、紙が無いと思っておいた方がいいです。


ウェットティッシュ

カンボジアは、舗装されていない土の道が多くとても埃っぽいです。

ちょっと何かに触っただけでも汚れることがありますので、ウェットティッシュがあると重宝します。


お腹を壊す可能性が高いので、胃腸薬はあった方がいいでしょう。

また、ロキソニンなどの痛み止めや頭痛薬、湿布薬など、飲み慣れた薬も持って行くといいと思います。


ワイヤーハンガー・洗濯ロープ

長期の滞在の場合は、荷物を少なくするために、Tシャツや下着、靴下を少なめに持っていき、自分でで洗うようにしています。

荷物も減るし、ランドリー代の節約にもなります。

街中やホテルのランドリーサービスを利用することもできますが、結構高かったり、土日は休みってこともあります。


まとめ

実際にカンボジアへ行った経験からまとめてみました。日本の夏を想像して行くといいでしょう。

もし持っていくのを忘れたものがあっても、現地のコンビニやスーパーなどで買うこともできます。

これをご参考に、ぜひ素晴らしいカンボジア旅行を!


カンボジアのネット、電圧

インターネット(WiFi)

ホテル、レストラン、カフェ、殆どの場所がWiFiフリーで、ネット環境は日本以上です。

ただWiFiが遅かったり、なかなか繋がらないことも結構ありますので、ビジネスなどで頻繁に使う方は、海外渡航用のモバイルや海外SIMカードを用意した方がいいでしょう。

それほど頻繁に使う必要がない方なら、今のネット環境で大きな問題はないかと思います。

私たちは基本的にプノンペンに滞在していて、時間帯によっては「ちょっと遅いな~」と思うことはありますが、それほど困ったことはありません。

プノンペンのネット環境

電圧・プラグ

カンボジアのプラグはA型かC型、もしくはAでもCでも使える兼用型です。

そして日本はA型なので、変換プラグなしでも使える場合があります。

またカンボジアの電圧は220V(ボルト)と、日本の100Vより高い電圧ですが、日本の電化製品は220Vに対応している場合もあります。

私たちもプノンペンのたくさんのホテル、シェムリアップにも宿泊していますが、変換プラグや変圧器を使用したことは一度もなく、 スマホやカメラが充電ができなかったり、故障したことも一度もありません。

ただし「ドライヤーは故障する」という情報もありますので、やはり要注意です。

電化製品の対応電圧をよくご確認の上、必要であれば変換プラグ、変圧器をご準備してお出かけ下さい。

カンボジアの電圧は220V

他の記事を見る → 


カンボジア旅行のお役立ち情報に関するお問い合せ