CHANGカンボジアサポート

活気にみちた急成長国! 魅力いっぱいのカンボジアへ!

インスタグラム お問合せ

移動・交通

移動

タクシー

カンボジアでの移動と言えば、先ずはタクシー。

プノンペンの空港を出ると直ぐにタクシー乗り場があるので迷うことはないでしょう。

市内中心部まではだいたい10$~15$位、渋滞にもよりますが王宮あたりまで30分~1時間でしょう。

タクシーはメーター制で安心、エアコンも効いていて快適なのですが、流しのタクシーはないので、街中から乗るにはタクシー会社に電話しないといけない不便さがあります。

カンボジアタクシー乗り場

トゥクトゥク

昔から地元の人の足となっているのがトゥクトゥク、東南アジアでは一般的な乗り物です。

料金は交渉制で、プノンペン市内なら2$~、プノンペンの空港から市内なら7$~が目安です。

トゥクトゥクは景色もいいし、カンボジアの空気を肌で感じる気持ちよさはありますが、そっとバイクが近づいてきて、バッとバッグを奪われるようなこともあります。

スリには十分気をつけて、バッグは足もとに置いたりしないで、体にしっかりとくっつけておきましょう。

一度は乗ってみたい東南アジアを実感できる乗り物ですね。

カンボジアトゥクトゥク

Pass App(パスアップ)

そして近年急激に増えてきたのが、配車アプリPass Appスマホアプリで車を呼ぶという、かなり近代的な方法です。

このPass App、英語で使えることもありカンボジアにいる日本人にも大好評。

操作も簡単3ステップです。
  1. 先ずは来てもらう場所を指定(地図上の場所を指すだけ)
  2. 車種も選択できます。通常のセダンタイプ、三輪タクシー(Rickshaw)、従来のトゥクトゥク(Khmer Tuk Tuk)
  3. 最後に目的地を選択するだけ。
    そしてこの時点で料金が明示され、更に何分で迎えに行くのかも表示、 到着するまで現在どこを走っているのかも確認できるのです。
    早くてボラれる心配も、交渉もいらないので、これから益々主流な乗り物となるでしょう。
パスアップの操作

Bajaj RE(バジャージ)

このPass Appで多くの人が選択するのが、三輪タクシー。

その影響で急速に数が増えたのが、インド製のBajaj REというこのタイプです。

今やプノンペン中がBajaj REだらけ。あっという間にトゥクトゥクの数は超えたでしょう。

二人がやっと乗れるくらいなので、広さはトゥクトゥクに及びませんが、何ともかわいらしい形も人気です。

これが地元の人にも観光の人にも、新たな足になったことは間違いありません。

バジャージ

そしてこの三輪タクシー、独立しやすい点も急増している理由です。

うちの運転手さんも仕事がないときはは、三輪タクシーでPass Appからの仕事を受けています。

ローンを組んで買ったのですが、2年くらい走れば元は取れるそうです。


バス

市民の交通手段としてバスもありますが、カンボジアの友人に聞いたところ、「いつも遅れるから仕事や約束の時間がある時はバイクの方が確実だね」と言ってました。

料金は1,500リエルくらい(40円くらい)です。

観光でも移住している人でも、日本人でバスを使う人は少ないようです。

カンボジアのバス

バイク

カンボジアの人はバイクが大好きです。

街中がバイクだらけ、しかも3人乗り、4人乗りも当たり前で走ってますから、見てる方がヒヤヒヤしてしまいます。

そして125cc以下なら免許が必要ないことから、小学生だって普通にバイクを運転しているのです。

ただし、最近このバイクの事故が社会問題となっています。

運転技術や安全知識に欠ける人々が起こす事故が多く、2017年には約1,900人が交通事故で死亡しており、このうちの多くがバイクの事故なのです。

国の道路安全委員会は、交通事故による死者を減らすため、スピード、飲酒、ヘルメットの装着などチェック項目を設け、バイクに乗る人達が教習を受けるのは必須であり、カンボジアにとっての優先課題だと対策に動き出しているのです。

カンボジアのバイク

電車(鉄道)

あまりイメージにないかもしれませんが、カンボジアにも鉄道があります。

カンボジア鉄道は北線(プノンペン→ポイペト)、南線(プノンペン→シアヌークビル)があり、エアポートシャルトレインはプノンペン国際空港とプノンペン市内を繋いでいます。

更に2019年4月にカンボジアとタイを結ぶ国際鉄道の開通が決まりました。

もともと両国間には第二次世界大戦中に日本軍が造った鉄道があったのですが、1970年代のポルポトの内戦によって破壊されていたのです。

首都プノンペンと首都バンコクが列車で移動できるとなれば、これは電車好きにはたまらない旅となりますね。

カンボジアの電車

交通

カンボジアの交通事情

プノンペンの道路は車線はあってないようなもの、割り込みやUターンは当たり前。

前の車が左折待ちでストップすれば、じわじわと右によって、後ろの車をストップさせてまでして追い越す。

バイクはちょっとでも隙間があれば車の間をすり抜けていき、ノーヘルに2人乗りや3人乗り、それ以上乗っていることも。

日本では考えられない運転ばかりです。

2016年の交通法の改正により、交通違反の取り締まりが強化されたそうですが、実際には、まだまだ法を守る意識は低く、自由な無法地帯のように見えました。

道路を渡る時などは十分に気を付けて下さい。

カンボジアの交通マナー

カンボジアの渋滞事情

カンボジアでは公共交通機関がまだまだ整備されていませんので、一般の人の移動手段は、車かバイクになります。


富裕層が車、庶民がバイクといったイメージでしょうか。

そしてバイクはとにかく多いです。朝のラッシュでは1台のバイクに家族4人乗りなんてのも見かけます。

1台のバイクで、親の通勤と子供の通学をしているんでしょう。

逆に言えば、公共交通機関が少ないので、バイクがないと身動きが取れないのです。


こんな状況ですから、当然プノンペンのような都市では、朝と夕方は常に大渋滞となります。

プノンペン空港から、市内の王宮のあたりまで車で移動したときは、まだ夕方前でしたが、1時間くらい掛かりました。

ガラガラの早朝では30分くらいですので、所要時間が大きく変わります。

飛行機や大切な用事がある時は余裕を持って出かけましょう。

プノンペンの道路

他の記事を見る → 


カンボジアのお役立ち情報に関するお問い合せ