CHANGカンボジアサポート

活気にみちた急成長国! 魅力いっぱいのカンボジアへ!

インスタグラム お問合せ

カンボジア観光スポット


カンボジア王宮・シルバーパゴダ

プノンペン中心部、トンサレップ川沿いにあります。

周辺の敷地から広々としており、とても清潔感があります。

現在も実際に国王家が居住し、重要な儀式も行われている場所です。

それだけに服装の規定もありますが、ガイドから事前にチェックさせていただきます。

そして11時~14時は入場することができません。

近隣にはたくさんのレストランやカフェもありますので、見学前後に食事するスケジュールもいいでしょう。

フランス人建築家によってデザインされた黄金に輝く姿は、プノンペンのシンボル。

カンボジア王宮前

そして隣接する王室のお寺、シルバーパゴダとセットで先ずはここへ行くことをお薦めしています。

シルバーパゴダ

プノンペン国立博物館

ここも定番の大人気スポット。

王宮からも直ぐ近くなので、セットで行くといいでしょう。

クメール様式の屋根、重厚な赤茶色の建物の美しさに圧倒されることでしょう。

プノンペン国立博物館

ここでは、カンボジアの文化や芸術を一気に感じることができます。

カンボジア各地から出土した石像や芸術品、国宝級の彫刻が5,000点もあり、それらが時代の流れに沿って展示され、国の歴史の流れを分かりやすく展示されています。

神々の銅像は神秘的で、この国の歴史で欠かすことができないアンコール王朝最盛期の王、ジャヤーバルマン7世の像と出会えるのもこの博物館です。

きれいな中庭でゆっくりとくつろいで下さい。

プノンペン国立博物館観光

ワットプノン

プノンペン中心部、遠くからも見える美しい真っ白な塔。

「なんだろ?」「ちょっと寄ってみたいな」って思うことでしょう。

ここは正に、プノンペンのシンボルでもあるこの地で最古の仏教寺院。

14世紀末に“ペン”という名のご婦人が、メコン川に流れ着いた仏像を安置したことがきかっけとなり、建てられました。

「プノン」は「丘」、「ワット」は「お寺」、「丘の上のお寺」という意味です。

そして「ペン夫人の丘」がこの地の名称「プノンペン」になったとされる由緒ある寺院です。

ワットプノン

内部には、きらびやかな黄金の仏様、美しい彫刻や銅像に魅了されます。

芝生と一体となっている直系20mの大時計は、必見です。

ワットプノン内部

キリング・フィールド

カンボジアの悲しい歴史の跡

カンボジアには、キリングフィールドと呼ばれる場所があります。

これは、今から40年ほど前の1975年頃、ポル・ポト政権下でおこなわれた大虐殺のための刑場跡のことです。

カンボジアの悲しい歴史

このキリングフィールドは、ひとつの場所を指す言葉ではありません。

カンボジアの各地に、いくつものキリングフィールドが存在しており、その数は100ヵ所以上と言われています。


そこでは想像を絶する凄惨な処刑がおこなわれ、犠牲者数は諸説ありますが、100~300万人とも言われています。

しかもたったの4年ほどの間にです。これは当時のカンボジアの全人口の1/4に匹敵します。


政権を担っていた首相のポル・ポトは、原始共産主義という自給自足の生活を理想とする思想を掲げ、それに反対する人々を処刑していきました。

それだけでなく、知識や教養は政策の邪魔と考え、少しでも知識がありそうな人を次々と虐殺していったのです。


メガネをかけているから頭が良さそうなので処刑などといった、信じられない理由で虐殺がおこなわれていたとまで言われています。

もっとも有名なキリングフィールド

キリングフィールド中でいちばん有名で最大なのは、プノンペン郊外にあるチュンエク大量虐殺センターです。

チュンエク大量虐殺センター

プノンペン市街地から11Kmほど南にあります。

入場料は3ドル、音声ガイドが3ドルです。日本語も対応していますので、より詳しく知るためには音声ガイドを利用したほうがいいでしょう。

処刑された人が埋められた場所は、腐敗した遺体から出たガスで、地面が盛り上がり、丘のようになっています。

いまだに雨が降ると地面から骨が出てくることがあるそうです。

キリングツリーと呼ばれる、赤ちゃんの頭を打ち付けて処刑していたという木も、そのまま残っています。

虐殺が赤ちゃんにまで及んでいたことと、その処刑方法に戦慄します。

キリング・フィールド

約1万もの人骨が納められており、それを実際に目に留めることができる場所です。世界史にも大きく負の遺産ですが、この悲劇は1970年代、遠い昔の話しではありません。映画にもなった場所でもありますので、事前にこの映画を見ておくと、より思いが深まると思います。慰霊塔には、厳粛にお参りしましょう。

人骨

一見普通のお寺も、実はキリングフィールドだった

観光客がほとんどいない、プノンペンのローカルなお寺を訪問したときのことです。

そこはとても緑が多い公園のようなところで、金を基調とした鮮やかな寺院と、緑の対比が美しい場所でした。

その中ほどを歩いている時、ガイドさんから「ここはキリングフィールドだ」と聞かされました。

よく見てみると、小さな慰霊塔があり、ガラス張りの窓の中には、たくさんの頭蓋骨が見えました。

観光客がこないようなお寺にも、キリングフィールドは存在しています。

カンボジアの方は、身近にこのような場所がある中で、日常を送っているのです。

リングフィールド寺

トゥールスレン虐殺博物館

当時の政治犯収容所の暗号名からS21とも呼ばれるこの施設は、元々高校だったものを使用した収容所で、2万人もの人が収容され、生還できたのはたったの8人だけと言われています。

トゥール・スレン博物館

今はトゥールスレン虐殺博物館として、拷問室や尋問室、独房などが当時のままの姿で公開されています。

収容されていた人たちの顔写真や、数多くの頭蓋骨、拷問の様子を描いた絵や、実際に使われていた拷問器具なども展示されています。

政治犯収容所

温厚なカンボジア人からは想像できない史実

明るく優しくて人が好い、のんびりしていて温厚なカンボジアの人々。

その印象からは、過去の内戦での虐殺を信じることができないくらいです。ですが、ほんの40年ほど前に、悲しい歴史があったことは事実です。

その過去を避けることなく、しっかりと受け入れることも必要です。

今、カンボジアは急成長を遂げ、若い人たちの活気であふれています。

それもこの内戦があったからこその今なのでしょう。

トゥールスレン虐殺博物館拷問

アンコールワット

カンボジアと言えば何といってもアンコールワットを真っ先に思い浮かべる方が大半でしょう。

カンボジアの国旗にもなっている、12世紀前半の王朝によって建てられた寺院です。

世界遺産にも指定されており、今やアジアでいちばんの観光スポットとして、世界中の観光客を魅了し続けています。

「大きな寺」と訳され、名前の通り東西1,500m、北南1,300mある大寺院です。

回廊に刻まれたクメール美術を代表する神秘的な浮彫(リレーフ)があり、それが物語となっていて、人々を飽きさせません。

アンコールワット

そして最大の魅力は、大自然との調和です。

朝日、青空、雲、そしてメコン川に沈む夕日は絶景です。

アンコールワットの夕日

この他にも、ワット・プノン、国立博物館、独立記念塔、アンコールトム、バイヨン寺院、民族舞踊の鑑賞など、スポットと言われる場所は、どこへでもご案内します。


アンコールトム・バイヨン寺院

アンコールワットと同じ、世界文化遺産に登録されるアンコール遺跡群の一つがアンコールトム。

ここは周囲12㎞、東京ドーム60個分という巨大都市でした。

この遺跡の中心に位置しているのが、バイヨン寺院です。

必見は“バイヨンの四面像”。

アンコールトム

そびえたつ巨大な石像は50塔もあり、一番高い塔で45m。

各塔には、観世音菩薩を模した2mもの人面が四方に刻まれ、200個近くもの顔から見下ろされますから、これには圧倒されます。

どの顔も穏やかで “クメールの微笑み”と言われる笑顔で、人々を優しい気持ちにさせてくれます。

バイヨン寺院

タ・プローム

こちらもアンコール世界遺産群にある寺院跡です。

1万2千人の民衆、5千人以上の僧侶と600人もの踊り子で繁栄した都でもあります。

14世紀末に没落に至ったのですが、19世紀中頃に遺跡として発見された当時の姿を、そのまま見ることができる世界的にも希少な遺跡。

樹齢300年とも言われる巨大なガジュマルがからみつく寺院の姿をご覧下さい。

樹木は寺院を侵食しているのか、もしくはこれ以上の崩壊を防ぎ支えているのか。色々な見方をすることができます。

タプロムのガジュマルの木

そしてここは、アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「トゥーム・レイダー」の撮影地としても有名で、更に宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」のモデルという説もあるほど神秘的な場所です。

タプロム

ダッチ島(シルクアイランド)

かつてシルクの生産の中心だったカンボジア

現在、東南アジアのシルクと言えば、タイシルクが有名ですが、実はカンボジアがアンコール王朝だった頃、カンボジアがシルクの生産の中心だったことはあまり知られていないのではないでしょうか。

シルクの生産は、紀元前3000年頃の中国ではじまったと言われています。

このシルクが中国から、インド、ヨーロッパへと輸出されていきました。これがシルクロードのはじまりです。

カンボジアシルク

黄金の繭からつむぐゴールデンシルク

カンボジアの蚕は、「カンボウジュ種」と言われる原種に近い品種で、黄色い繭を作ります。

この黄色の糸は、光を受けると美しい黄金色に見えるのです。

「黄金の繭」、「黄金の生糸」とも呼ばれています。

さらには、日本などのように品種改良されていない蚕のため、シルク本来の良さがあり、身につけると身体にやさしいとも言われています。

内戦で絶たれる伝統技術

アンコール王朝時代、このゴールデンシルクは大変な評判となり、インドやタイなどでも売られ、隣国の王族もこぞって求めたと言われています。

アンコール遺跡にも、シルクを纏った姿が描かれた壁画が残っています。

さらに、フランス植民地時代には、ヨーロッパへも盛んに輸出され、その精巧な技術は、織物の最高峰と評されたと言います。

ですが、隆盛を極め、代々引き継がれていたシルクの生産は、1970年頃から20年も続く内戦で、壊滅的な状態となってしまいました。

伝統の製法を引き継ぐ「シルクアイランド」

そして今、わずかに残った生産者の知識や技術で、カンボジアシルクの伝統は維持されています。

プノンペン中心部から、フェリーで10分ほど、メコン川とトンレサップ川の合流付近の中州の島「ダッチ島」。

このまだ開発の進まない穏やかな島は、いまだにシルクの生産が盛んで、「シルクアイランド」とも呼ばれています。

シルクアイランド

蚕の飼育や、昔ながらの機織り機での機織りの様子など、一連のシルク生産を見学することが出来ます。

機織り場におじゃまして、職人さんとたわいもない話をして過ごす穏かな時間もとてもいいものです。

島での生活のこと、カンボジアシルクの歴史なども丁寧に教えてくれます。

カンボジアのお土産は、ここでシルク製品を買うのもいいかもしれませんね。

シルクと畑に囲まれ、野生の牛や元気な子ども達を見ながら、島をドライブするのも楽しいですよ。

機織りする家業

CHANGでは、フェアトレード商品として、シルクアイランドで生産されたクロマーと言われるカンボジアの万能布を、イベントなどで日本国内での代理販売をおこなっています。

ボランティア見本市やフェアトレードフェスタなど、出店情報はホームページでお知らせします。

その際には、ぜひご来場いただき、美しいカンボジアシルクを手に取ってご覧ください。


トンレサップ湖

アンコール遺跡に行くなら、ここも寄ってみましょう。2~3時間あれば見学できるコースです。

トンレサップ湖は、東南アジア最大の湖であり、100万人とも言われる水上生活者は、世界最大規模。

心地よい風にあおられながら、ボートで30分ほど。日本では見ることのできない光景に出会えます。

湖の上には普通に家が建っていて、人々が洗濯物を干していたり、子供が遊んでいたり。

トンレサップ湖

いちばん驚いたのは、湖にある小学校。

湖に建つ校舎では普通に授業が行われ、通学バスのようなボートが家から家へ、子ども達を送迎しています。

同じく湖にあるレストランで、ビールとシーフードを食べるのは、最高の時間ですよ。

トンレサップ湖に建つ学校

ケプビーチ

プノンペンから日帰りでも行けるビーチです。

人々で賑わうプノンペン、観光客でいっぱいのシェムリアップもいいですが、ちょっと息抜きビーチでゆっくりもお薦めです。

マリンスポーツができるようなビーチではありませんが、十分にきれいな砂浜と海、人も少なくて、とにかくゆっくりできるリゾートです。

ケプビーチの砂浜

日本人に何より嬉しいのは、海の家がしっかりしてること。

日本の海の家と変わりません。ゴザの上でゴロゴロしたり、ハンモックでユラユラくつろげます。

トイレもシャワーも目の前のゲストハウスのを使えるから清潔です。

エビや焼き魚、シーフード料理も有名です。

余裕のある方は泊まりで行くのもいいですね。

ケプビーチ

市場や駄菓子屋で買い物

多くの観光客が行くマーケットではなく、地元の人が行く市場に行ってみませんか?

きれいな場所とは言えないところもありますが、人々の活気に満ちた声で賑わい、そして所狭しと物が並んでいます。

豚や牛、ニワトリに魚を豪快に売る様子もこうした市場ならではの風景です。

生活用品から食べ物まで、何でも売っている市場で、カンボジアの人々の生活を垣間見ることができるでしょう。

駄菓子屋の周りは、子ども達がアイスを食べたりおもちゃで遊んだり、日本の昭和を思い出させる懐かしい風景です。

カンボジアの市場
カンボジアの駄菓子屋

一般のご家庭訪問

親しいご家庭がたくさんありますから、普通の家にもいつでも遊びに行けます。ここにもちょっと寄ってみませんか?

みんなとても親切で朗らかな方ばかり。隣り近所の人も直ぐに集まってくれます。

家にいるお母さんたちとおしゃべりしていると、生活のことや仕事のこと、普通の人がどんな暮らしをしているのかもよく分かります。

料理や洗濯や家事を見せてもらったり、みんなでお菓子を食べながらジュースを飲むのも楽しい時間です。

午後になると、小学校へ行っていた子ども達も帰ってきます。どの子も体を動かすのが大好き、追いかけっことかで盛り上がりますよ。

カンボジアの一般家庭
カンボジアのくらし

他の記事を見る → 


カンボジア旅行のお役立ち情報に関するお問い合せ