CHANGタイサポート

微笑みの国 魅力いっぱいのタイへ!

インスタグラム お問合せ

タイで泊まる


タイの宿泊施設

タイには、外国から年間約3,000万人のお客様が、観光、仕事等の目的で来られます。

そのお客様の宿泊先として、さまざまな宿泊施設がございます。

外国から来られる多くのお客様のために、タイには五つ星の高級ホテルから、1泊数百円で宿泊できるドミトリーまで、旅の目的に応じた宿泊先が存在しております。

ご自分の滞在目的、ご予算に応じた宿泊施設をお選びください。

タイの宿泊施設

ホテル

私たちが、一般的に利用しているホテルの事です。高級ホテルから格安のホテルまで、ご予算や目的に応じたホテルを選ぶことができます。

特にバンコクには、独自のコンセプトを売りにしているホテルがたくさんあり、ご利用の目的や、滞在方法などでお選びいただけると思います。

バンコクのホテル

高級ホテル

タイが世界に誇る有名高級ホテルから、五つ星ホテルチェーンなどが、バンコクを中心に多数ございます。

アフタヌーンティーを楽しみながら、タイのホテルライフを満喫できることでしょう。


中級ホテル

日本人が一番使いやすいクラスになるかと思います。

パック旅行でも、ある一定額以上や、アップグレードのプランであれば、このクラスのホテルになるでしょう。

設備的も申し分なく、アメニティも充実しています。


スタンダードホテル

パッケージツアーなどで、利用されるホテルに多いクラスです。とは言っても、お部屋の設備や、付帯施設などが劣ることはありません。

プールやフィットネスなども完備したホテルもございます。

規模的に小さかったり、お部屋が多少小さかったり、中級ホテルとはそれなりの差があるものの、十分快適にお過ごしいただけるホテルになります。


格安ホテル

格安ホテルとしましたが、このクラスのホテルが一番種類に富んでおります。

レストランやプールなどの施設がなかったり、部屋がシャワー設備だったりと、ホテルライフ重視の方には不向きですが、寝るだけだからと言った方には、むしろこのクラスがお勧めになります。

規模が小さいせいか、スタッフがとてもフレンドリーだったりと、良い点も多いのがこのクラスです。


サービスアパートメント

サービスアパートメントは、ホテルとコンドミニアムの中間の機能をもった宿泊施設のことで、ワンルームタイプから3Bed Room(リビング+3寝室)まで幅広くあり、家具やキッチンなど設備が充実しています。

小さめのお部屋は、単身者や長期滞在者には最適ですし、広めのお部屋(2Bed Room以上)などでは、ご家族・お子さま連れの滞在者にとっても快適でしょう。

さらにプール、ジム、サウナなどの設備も完備しているサービスアパートメントも珍しくありません。

近年では日本人の利用客も増えてきており、日本語対応のサービスも充実してきていますので、言葉に不安のある方や初めてバンコクに来られる方でも安心です。

もちろんホテルとしての機能がありますので、ベットメイキング、ランドリーサービスもご心配ありません。

代表的なサービスアパートメントはセンターポイントになるでしょう。

サービスアパートメント
サービスアパートメントリビング
サービスアパートメント寝室
サービスアパートメントキッチン

民泊

個人が所有している空きマンションや、アパートの1室を宿泊施設として提供したり、自宅の1室を宿泊施設として提供しているものです。

利用者の感覚としては、宿泊と言うより住むに近いかもしれません。

タイの生活を体験したい方などにとっては、最適な宿泊施設ではないでしょうか。

施設によっては、ベッドメイクのサービスがある場合もございますが、サービス重視のホテルとは違いますので、ご不便がある点をご理解の上ご利用ください。

民泊

ゲストハウス(ドミトリー含む)

1部屋に複数の2段ベッドを入れたり、1部屋に複数のお客様を宿泊させる安宿です。

かつては、アジアの混沌を求めて来るバックパッカーの聖地としてカオサン通りを中心に、1室に2段ベッドを数台入れて、複数の宿泊者と同室しながら、旅の情報交換をしたり、友人を増やす、安く長期の滞在をすると言う目的で、独特の雰囲気を持った最安の宿泊施設になります。

男女の部屋は別、シャワーは水で共同、もちろんトイレも共同で、扇風機あり、エアコンあり、エアコンなし、などの設備で料金は違い、狭いながらも個室もあるゲストハウスもございます。

最近は、日本のカプセルホテルなどを参考に、快適に宿泊できるゲストハウスも多数オープンしております。

ゲストハウス

ホームスティ

一般のタイ人家庭に宿泊するスタイルです。

このホームスティは、基本的には一般の集客はしておりませんので、旅行社を通して申し込みをいただくのが一般的です。

宿泊先当為より、体験としての意味合いが大きく、費用的にも高めに設定されています。

山岳民族の村にホームスティするツアーは人気があります。

山岳民族の村にホームスティ

他の記事を見る →