CHANGタイサポート

微笑みの国 魅力いっぱいのタイへ!

インスタグラム お問合せ

タイ南部


プーケット~エメラルドの海と真っ白な砂浜「アンダマン海の真珠」

タイ南部のアンダマン海に面するタイ最大の島で、世界有数のリゾート地として知られるプーケット。

エメラルドの海と真っ白な砂浜の美しさからアンダマン海の真珠とたとえられています。

年間を通して、ビーチリゾートやマリンスポーツを堪能できるほか、島内77%を占める山地で、熱帯モンスーン気候のうっそうとしたジャングルを体験することができます。

島内で最も賑やかなパトン・ビーチでは、タイならではのエンターテイメントやショッピングなどが楽しめる新たな施設が次々とオープンして便利になっています。

プーケットタウンと呼ばれる旧市街は、シノ=ポルトガル様式のタウンハウスで形成されたレトロな街並み。

すずの採掘・交易が盛んだった時代に、ポルトガル人や福建省出身の中国人がたくさん訪れて街を作りあげてきた歴史を今に伝えています。

基本情報

位置:バンコクの南約862キロ
隣国ラオスの首都ビエンチャンへは北に約50キロメートル。

隣接する県:パンガー、クラビ、トラン

旅の季節:乾期は11月〜3月で、4月〜5月が暑期、6月〜10月がグリーンシーズンです。
乾期〜暑期は気候も良く、ダイビングをはじめとするマリンスポーツを楽しむにはこの時期が適しています。
ハイシーズンなのでホテルの料金は高くなります。
グリーンシーズンはスコールはありますが、一日中ずっと降り続くわけではありません。
木々の緑が深みを増し、フルーツがたわわに実る季節です。
モンスーンの影響を受けやすい島の西側は、波が高くなるのでマリンスポーツを楽しむ際には注意が必要です。
ローシーズンのため、ホテルの料金も安くなります。
ラフティングを楽しむなら、9月〜10月がおすすめです。

行き方

飛行機:バンコク経由は札幌、成田、羽田、関西国際、中部国際、福岡、沖縄発着。
バンコクのスワンナプーム国際空港(国内線ターミナル)からタイ国際航空、バンコクエアウェイズ、ベトジェットエア、タイ・スマイルが発着。ドンムアン空港から、ノックエア、タイ・エアアジア、オリエントタイエアライン、タイ・ライオン・エアが発着。
バンコク~プーケット間のフライト時間は約1時間20分。
また、チェンマイからタイ国際航空、タイ・エアアジア、バンコクエアウェイズ、タイ・スマイルが発着。
その他の国内線はバンコクエアウェイズがウタパオから、タイ・エアアジアがウドーンターニー、ウタパオ(パタヤ)からそれぞれ発着しています。

鉄道:バンコク(フアランポーン駅)からスラーターニーまで寝台列車で約10時間。
スラーターニーからバスかタクシーを乗り継いで約4時間。
鉄道についてはこちらのサイトをご覧ください。

バス:直行バスは、バンコク(南バスターミナル)~プーケット間を約14時間で結んでいます。
チケット予約はこちら


県内・市内交通

空港—プーケットタウン間は、リムジンタクシーやタクシー、バスで結ばれています。

タクシーのなかには、メータタクシーもあるものの本数が少なく、多くは運賃交渉制です。

島内を回るには、レンタカーかトゥクトゥク(料金は交渉制)をチャーターできます。

プーケットタウンから各ビーチへは、ソンテウが毎日7時から18時まで30分間隔で運行されています(プーケットタウンの市場前がソンテウ乗り場になっています)

プーケット・エアポートバス・エクスプレス(パトンビーチ行き):
空港とパトンを結ぶ路線バス。
運行時間/空港発 7:30~21:00 パトン発 10:30~19:30
本数/1日9本 料金/50~200B
所要時間/50分~1時間30分

エアポートバスプーケット(プーケットタウン行き):
プーケットタウンにある長距離バスターミナルと空港を結ぶ路線バス。
運行時間/プーケット空港発 8:00~20:30
長距離バスターミナル発 6:00~18:30
本数/1日12本
料金/85B
所要時間/約50分~1時間30分

ソンテウ:料金/ パトンビーチ ~プーケットタウン 約30B

トゥクトゥク:プーケットのトゥクトゥクは四輪軽自動車です。
料金(※目安)/パトンビーチ~プーケットタウン 約500B
パトンビーチ内 200B~

エアポートリムジン(空港タクシー):
料金(※目安)/空港~パトンビーチ 550B
空港~プーケットタウン 400~450B
空港~カタ/カロンビーチ 700B
※その他の方面は距離により料金が異なります。

空港タクシー(Airport Limousine) :運行時間/始発便~最終便
タクシーメーター 7:00~24:00ごろまで

リムジンタクシー:空港から移動するのに便利です。空港内に受付カウンターがあります。
その他 空港からは、乗り合いのミニバンや交渉制タクシーなどを利用することができます。


名物・特産品

花瓶やカップなどのすず製品、バティック(ろうけつ染め)、南洋真珠などの宝石類、カシューナッツ


主要連絡先

ツーリストポリス

外国人観光旅行者の安全を図るために、ツーリストポリスが特別に設けられており、「Tourist Police」と言う肩章をつけています。

観光地にはツーリストポリス警察署や派出所が設けてあり、英語を話すことができますので、トラブルが発生した場合は連絡をしましょう。

ツーリストポリスセンター 局番無し:1155


タイ国政府観光庁

プーケットオフィス

191 Thalang Rd., Thaladyai, Muang District Phuket 83000

TEL:(076)211-036、212-213、217-138  FAX(076)213-582


病院

Bangkok Hospital Phuket(バンコク・ホスピタル・プーケット)
2/1 Hongyok Utis Rd., Muang District, Phuket
TEL:(076)254-425

Siriroj International Hospital(シリロート・インターナショナルホスピタル)
44 Chalermprakiat Ror 9 Rd., Phuket
TEL:(076)361-888


アンダマン海の真珠、美しく個性的なビーチ
[プーケット島西岸]

プーケット島西岸には、個性的で表情豊かなビーチが連なっています。

いつも賑やかで昼も夜も楽しめるパトン・ビーチや高級リゾートが建ち並ぶバンタオ・ビーチをはじめ、海洋国立公園に指定され、珊瑚礁でのシュノーケリングやキャンプもできるナイヤン・ビーチ、透明度の高い海水とグリーンシーズンの波質がサーファーたちに人気のカタ・ビーチ、夕陽がタイで最も美しいといわれるプロムテープ岬に近いナイハーン・ビーチなど、どのビーチも海はエメラルド色に輝き、アンダマン海の真珠とたとえられるのも納得の美しさです。

プーケット

ダイバーたちのパラダイス
[アンダマン海のダイビング・ポイント]

インド洋からの豊穣な海流の恩恵を受けるアンダマン海は、ダイナミックな地形と色とりどりのソフトコーラルに包まれた華やかな海。

透明度が高く、ここにしかいないといわれる固有の生物が多く棲息する、ダイバーたちのパラダイスです。

プーケットはアンダマン海のダイビング・ポイントを網羅できる位置にあり、ダイブ・クルーズやデイトリップがたくさん出ています。

日本人インストラクターが常駐するダイブショップも多く、初心者のための体験ダイビングやライセンス取得プログラムも人気です。

アンダマン海のダイビングポイント

南国の小島で静かにのんびり
[プーケット近辺の島々]

コーラルブルーの海の向こうに連なるいくつもの小さな島々。

南国ライフをのんびり静かに楽しみたいなら、美しい白い砂浜で有名なロン島や、ビーチ近くまで迫る珊瑚礁でシュノーケリングが楽しめるコーラル島など、少し足を伸ばして離島へ出かけるのもおすすめです。

陸から離れているため透明度もよく、プーケットからスピードボートで約25分で到着するパンガー県のヤオノーイ島では、地元住人の家にホームステイすることもできます。

ロン島、コーラル島、ヤオノーイ島

ビギナーからベテランまで楽しめる
[プーケットのゴルフ場]

ビギナー向けコースから国際トーナメントが開催される名門コースまで、バラエティに富んだゴルフ場を有するプーケット。

すず鉱山で栄えた歴史のあるプーケットは、採掘跡にできた池などを最大限に活かして設計された戦略的なコースも人気です。

山間でありながら、水辺の多い涼しげな景観を楽しむことができるので、早朝か夕方からのプレーが快適です。

プーケットのゴルフ場

シノ=ポルトガル様式の街並みを散策
[プーケットタウン]

16世紀から18世紀にかけて、すずの採掘と国際貿易で栄えたプーケット。

当時はポルトガルやオランダ、福建省からの商人などで賑わっていました。

プーケット島の中心であるプーケットタウンには、当時の繁栄を偲ばせるノスタルジックな雰囲気漂うシノ=ポルトガル様式の建築が点在。

ミュージアムとして保存・公開されている邸宅のほか、最近ではブティック・ホテル、かわいいティーサロン、ポップでキュートな雑貨店などにリノベートされたタウンハウスも増え、プーケットの文化に触れる街の散策が新たな楽しみとして注目されています。

また、無病息災にご利益のあるワット・ジュイトゥイや恋愛運をもたらすと言われるワット・プッジョー、学問や商売繁盛のワット・セーンタムなど、地元住民の信仰を集めている寺院めぐりも人気です。

プーケットタウン

サムイ島(スラータニー)~大自然と調和したココナッツ・アイランド

全島がココナッツの木で覆われていることから、別名「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれるサムイ島。

タイで三番目に大きな島ながら、環境に配慮した開発が条例によって定められているため、その大自然と調和した、大人の洗練されたリゾートステイを心ゆくまで堪能できます。

オン・ザ・ビーチのリゾートに滞在して、沖合の熱帯雨林に覆われたパガン島(通称パンガン島)や、海水の浸食によってできた独特の景観が見どころのアーントーン諸島などへのアイランド・ホッピング、あるいはダイビングやシュノーケリングなど定番のマリン・スポーツからゴルフやジャングルでのアクティビティ、さらに古くから島民の信仰を集める寺院や彼らの暮らしに触れる観光スポットまで、楽しみはさまざまです。

基本情報

位置:スラーターニー市内の東の沖合約80キロメートル

隣接する県:チュンポーン

旅の季節:2月〜6月:晴天が続き、波も穏やかなベストシーズンです。
7月〜9月:夕方に小一時間ほどスコールが降る程度で、モンスーンの影響もありません。セカンドベストシーズンです。
10月〜1月:スコールと強風モンスーンの頻度が高く、不安定な天候が続きます。ダイビング、シュノーケリングに関しては、2月上旬〜10月下旬がベストシーズンとなります。

行き方

飛行機:日本からの直行便はなく、バンコクのスワンナプーム国際空港からタイ国際航空が一日2便、バンコクエアウェイズが一日20便以上定期運航しています。
所要時間は約1時間~ 1時間半(機材による)。
タイ国際航空(TG) 
バンコクエアウェイズ(PG)
バンコクエアウェイズ(PG)を利用すると、バンコク・スワンナプーム空港内とサムイ空港内のラウンジが無料でご利用いただけます。
サムイ空港に到着するとトラム移動。オープンエア設計で雰囲気は南国そのものです。

鉄道:列車は、フアランポーン駅から毎日定期列車が、バスは北バスターミナル、南ターミナルからそれぞれ出ています。 所要時間は約12時間~。
スラーターニー駅を下車後、ドンサック船着き場までバスで移動し、フェリーでサムイ島へ渡るジョイントチケットが便利です。
これは、スラーターニーまでのバスや列車と各種ボートを組み合わせたチケットで、旅行会社や船会社、駅で売られています。
タイ国鉄(State Railway of Thailand) 

フェリー(ボート):ドンサック船着き場よりサムイ島の各港(ナートン、メーナーム、バーンラック、リパノイ)までは、毎日(シーズン時)30便以上運行しています。
※船会社により発着する港が異なるので、必ず現地の船会社で確認して下さい。

バス:バンコク北バスターミナル、南ターミナルからそれぞれ出ています。[所要時間約10時間]
フェリーに乗り換えてサムイ島へ[所要時間90分]


県内・市内交通

空港から各ホテルにはホテルの送迎バスを利用するのが一般的です。

ほとんどが有料なので予約の際に料金を確認しておきましょう。

また、空港のツアーカウンターには主要ホテルへのリムジンサービスを実施しているデスクもあり、そちらを手配することもできます。

タクシーに関しては乗る前に必ず料金の確認をしましょう。

一方、港から目的地へのアクセス方法としては、乗り合いバスのソンテウがポピュラーです。

ボートの到着に合わせて各方面向けソンテウが待機していますので、行き先と料金を確認してから乗車してください。


空港から各方面への目安となる料金は以下のとおり

エアポートミニバス: チャウエン130B / ラマイ200B / ボプット130B / メナム 150B/ナートン 200B

エアポートタクシー: チャウエン500B / 1台、ラマイ700B / 1台、ボプット500B / 1台、メナム600B / 1台、ナートン1,000B / 1台


島内ではレンタルバイク(要国際免許証)も利用できますが、ツーリストによる事故も多発していますので運転には十分お気をつけください。


名物・特産品

ランブータン、シーフード、ココナッツ

主要連絡先

ツーリストポリス

外国人観光旅行者の安全を図るために、ツーリストポリスが特別に設けられており、「Tourist Police」と言う肩章をつけています。

観光地にはツーリストポリス警察署や派出所が設けてあり、英語を話すことができますので、トラブルが発生した場合は連絡をしましょう。

ツーリストポリスセンター 局番無し:1155,(077)430-018

サムイ(ナートン)警察署(077)421-095~6

ボプット警察署(077)414-567


タイ国政府観光庁

スラーターニー・オフィス

TEL: (077)288-817, (077)288-818, (077)288-819

サムイ・オフィス

TEL: (077)420-504


病院

サムイ病院(ナートン)
TEL:(077) 421-200

バンコクサムイ病院(チャウエン)
TEL:(077) 429-500

サムイ国際病院(チャウエン)
TEL:(077) 300-394,  (077)300-395

タイ国際病院(ボプッド)
TEL:(077) 332-654, (077)332-655

バンドン国際病院(ボープッド)
TEL:(077) 245-236

その他

サムイ国際空港
TEL:(077)425-012

イミグレーションオフィス(ナートン)
TEL:(077) 421-069


個性的なビーチの数々[サムイ島のビーチ]

サムイ島東岸はさらさらとしたパウダーサンドのビーチが連なるエリア。

島内で最も賑やかなビーチであるチャウエンやラマイでは活気あふれる南国リゾートの雰囲気を、少し北にあがった閑静なチューンモン・ビーチでは美しい景観をのぞむことができます。

一方、ボープッド・ビーチやメナム・ビーチなどが点在する北岸は静かで波も穏やか。

手つかずの自然がそのまま残された未開発のビーチが広がる西岸からは、とても美しい夕陽を眺めることができます。

サムイ島ビーチ

リゾートとスパでリラックス[サムイ島の宿泊施設とスパ]

国際的なスタンダードを備える高級ホテルから、ロマンティックな隠れ家ブティックリゾートに至るまで、様々なスタイルの宿泊施設が揃うサムイ島。

そのほとんどがオン・ザ・ビーチで、海をのぞむ抜群のロケーションにあります。

もちろん、条例でココナッツの木より高い建物が建てられないため、自然と調和した景観は保たれたまま。

また、各ホテル内をはじめ、島内にはスパ施設も充実しており、優雅なリゾートライフをゆったりと過ごすことができます。

優雅なリゾートサムイ島

世界中のダイバーたちが目指す島
[タオ島/ナンユアン島]

サムイ島から北へ約60キロメートルのところにあるタオ島は、小さい島ながら、世界中のダイバーの間でジンベエザメに会えるポイントとして知られます。

島周辺に点在するダイブサイトは潮流が穏やかで、魚影が非常に濃いことが特徴。

タオ島から約8キロメートルのチュンポンピナクルがジンベエザメの出現で有名ですが、他にもナンユアン島西側に位置しハゼ天国としてタイ湾で一二を争う癒し系サイトのツインズ、さらにはタオ島のメインビーチであるサイリービーチでも、時期によってはトウアカクマノミの卵が孵化する貴重なシーンが見られるなど、ビギナーからエキスパートまで楽しめるダイバーたちのパラダイスとなっています。

もちろん、アフターダイビングは島内の充実したリゾートやマッサージ・スパでゆったりと。

タオ島ダイビング、ジンベエザメに会える

多彩な陸上のアクティビティと島内観光
[サムイ島のその他のスポット]

全島の約54%が山地で占められているサムイ島は、陸上のアクティビティも充実しています。

山の傾斜を利用して設計されたサムイ島の唯一のゴルフコースは、他とは違った難しさがあり、充分な攻め応えが期待できるでしょう。

山合いには豊富な水量を誇る滝が4ヶ所あり、そのうちヒンラード滝やナームアン滝などでは遊泳も可能です。

また、雄大な海を眺めながらのエレファント・トレッキングは、なかなか他所では経験できないサムイ島ならではのもの。

他にもサムイ島のランドマークである黄金のビッグ・ブッダ寺院や、ココナッツの収穫のため島に働く猿たちのショーが愉快なモンキーセンターなど、島内には多くの名所があります。

ヒンラード滝、ナームアン滝

クラビ~切り立つ岩壁とジャングル、秘境のビーチリゾート

プーケット島からパンガー湾を挟んですぐ東にあるクラビは、切り立つ石灰岩の岩壁と熱帯のジャングルに抱かれた秘境のビーチリゾート。

その複雑な地形により多くのビーチは陸路から離れ、海からのアクセスに。

そのおかげで神秘的な自然と静寂が手つかずのままに残されています。

また沖合に点在する130以上の島々のダイナミックな景観も美しく、それらの島々をわたるアイランド・ホッピングもクラビの楽しみのひとつ。

さらにその地形からロッククライミングの聖地としても世界的に知られているほか、カヌー、シュノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツ、豊かな自然に覆われた内陸部でのさまざまなアクティビティも魅力です。

貝の化石や洞窟内の壁画など、地質学的・考古学的に貴重な史料も残されています。

基本情報

位置:バンコクの南西へ約800キロ。

隣接する県:プーケット、トラン、パンガー、ランタ島

旅の季節:乾期は11月〜3月で、4月〜5月が暑期、6月〜10月が雨期となっています。
乾期〜暑期は気候も良く、ダイビングをはじめとしたマリンスポーツを楽しむにはこの時期が適しています。
ハイシーズンなのでホテル料金は高くなります。
雨期はスコールはありますが、ずっと降り続くわけではありません。
木々の緑が深みを増し、フルーツがたわわに実る季節です。
ホテル料金は安くなります。
西側に面したビーチはモンスーンの影響を受けやすく、波が高くなるので、マリンスポーツを楽しむ際は注意が必要です。

行き方

バンコクからクラビへ

飛行機:クラビ国際空港までスワンナプーム空港からタイ国際航空(タイスマイル)、バンコクエアウェイズが毎日3~5便、ドンムアン空港からエアアジア、ノックエア、タイ・ライオンエアーが毎日2~5便運航しています。所要時間は約1時間20分。

鉄道:隣県のスラーターニー、トラン [所要約9時間] を経由して路線バスでクラビへ。

バス:市営バス会社がバンコク南バスターミナルから毎日運行しています。所要時間約12時間。


クラビからトランへ

バス:空港からクラビ市内バスターミナル経由トランへ。
(料金は90B~、また空港か、タクシーでバスターミナルまでは350B~)クラビ国際空港より、トラン方面へ直行の場合は、タクシーのみとなります。
※お問い合わせは、クラビ国際空港 TEL:(075)636-541~2 英語可
クラビタウンのバスターミナルからトラン市街のバスターミナルへのローカルバスの時刻表は、下記をご参照ください。
※所要時間約2時間半~3時間(時刻表は現地の事情により予告なく変更になる場合があります)
一等 : 09:30,10:30,11:30,12:30,14:30
二等 : 8:00~20:00の間の1時間おきに1本、21:30最終


県内・市内交通

クラビ国際空港からはタクシー。

市内からアオナーンなど主要な観光地までは路線バスが運行しています。

ピピやランタ島へは、フェリーまたはロングテールボートが運行。


名物・特産品

シーフード、干しえび、鳥かご、バティックなど

主要連絡先

ツーリストポリス

外国人観光旅行者の安全を図るために、ツーリストポリスが特別に設けられており、「Tourist Police」と言う肩章をつけています。

観光地にはツーリストポリス警察署や派出所が設けてあり、英語を話すことができますので、トラブルが発生した場合は連絡をしましょう。

ツーリストポリスセンター 局番無し:1155


タイ国政府観光庁

クラビ・オフィス
292 Maharat Road,Mueang District,Krabi 81000,Thailand
TEL: (075)622-163 FAX:(075)622-164

トラン・オフィス
199/2 Wisetkul Road,Amphur,Trang 92000
TEL: (075)215-967-8 FAX:(075)215-868


病院

Krabi Hospital(クラビ病院)
325 Autrakit Rd.,Muang,Krabi 81000
TEL、FAX:(075)626-700

Trang Hospital(トラン病院)
Kokkhan Rd.,Muang,Trang 92000
TEL、FAX:(075)218-018


波音だけの美しい海辺[クラビのビーチリゾート]

拠点となるアオナーンからボートでアクセスするクラビの各ビーチは、環境保護の観点からジェットスキーなどモーターを使用するウォータースポーツも禁止。

そのため、美しい自然があるがままの姿で残されています。

波音だけが聞こえる静かな海辺で、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができる大人のためのビーチリゾートです。

白い砂浜の向こうには、太陽に輝くエメラルドグリーンの海と不思議な形をした島々が波間に折り重なる景観が広がります。

クラビビーチリゾート

真っ白なサンドバーを渡ってあの島へ
[クラビの島々]

本土の沖合に130以上の島々を擁するクラビ。

ビーチリゾートの拠点となるアオナーン沖には、タップ島やガイ(チキン)島、モー島、そしてポダ島など、それぞれ個性的な島々が浮かび、日帰りでアイランド・ホッピングを楽しむことができます。

もちろん、いずれも透明度の高い海と白い砂浜をもち、シュノーケリングにも最適。

なお、タップ島、モー島とガイ(チキン)島では、干潮時に両島の間に真っ白な砂浜の道(サンドバー)が現れ、歩いて渡ることができます。

タップ島、モー島、ガイ島

映画「ザ・ビーチ」の島々[ピピ諸島]

クラビ本土から南へ約40キロメートル、珊瑚礁に美しいラグーン、そしてヤシの林に覆われた、まさに秘島と呼ぶにふさわしいピピ諸島。

映画「ザ・ビーチ」の舞台となったことで、世界的にも有名になりました。

最大の島ピピ・ドンは、宿泊施設や港などがあるピピ諸島の中心で、欧米人を中心とした多くの観光客で賑わっています。

ピピ・レ島は周囲が断崖絶壁の無人島。

マヤ・ベイやピー・レー・ベイはその切り立った岩壁と白い砂浜、エメラルドグリーンの海のコントラストが神秘的な湾です。

周辺はタイでも有数のダイビング・ポイントをもつエリアとして知られ、エメラルドグリーンの美しい海を求めて世界中からダイバーたちが集まります。もちろん、バカンスでのんびりと過ごすのにもおすすめです。

ピピ島、映画ザビーチ

エメラルドグリーンの天然プール
[サ・モラコット]

クラビ・タウンから車で約1時間ほどのクロントム地区には、深い緑に覆われた手つかずの自然を楽しめるスポットが点在しています。

森のなかの滝や川に湧き出る天然温泉は、地元の人々にも人気のリラクゼーションスポット。

サ・モラコットでは、きれいなエメラルドグリーンをした淡水の天然プールが広がり、ビーチとまた違った自然の雰囲気を楽しむことができます。

サモラコット、エメラルドグリーンの天然プール

※資料・画像:提供 タイ国政府観光庁