バンコク三大寺院巡り<タイ中央部>


バンコク三大寺院巡り

絶対外せないスポット 

チャオプラヤー川沿いに並ぶ三大寺院の参拝がお勧めです。

「ワット・プラ・ケオ」、「ワット・ポー」、「ワット・アルン」を巡るのが定番ルート。

ワット・アルンは対岸に位置しているので、チャオプラヤー川を行き来する渡し舟に乗船するのがおすすめ。


まず、エメラルド寺院とも呼ばれる「ワット・プラ・ケオ」に行きます。

バンコク中心部から車で約30分ほどです。最寄り駅はMRT(地下鉄)サムヨート駅。

拝観料は、500バーツです。北側のウィセーチャシー門から入場してチケットを購入します。

ワット・プラ・ケオ、王宮の順で見学していきます。

出口はビマンチャシー門を通る一方通行ルートになっているので再入場はできません。

この寺院は、1782年にラーマ1世が、現在の王朝であるチャクリー王朝を開いたときに護国寺として建立されました。

タイで最も美しくきらびやかな寺院のひとつです。

ワットプラケオ

毎年4月のタイ正月”ソンクラーン”の時期になると地元の人々がこの寺院を訪れます。

エメラルド仏に呪文を唱え、強い信念で祈ると金運が上がると信じられているからです。

エメラルド仏
ワットプラケオ王宮
ワットプラケオ

タイの中央部に位置するバンコクの料理は、バラエティに富んだ味わいが特徴です。

豊かで深みのある味わいに魅了されて、寺院巡りを忘れてしまいそうです。

タイ料理

さて、次は「ワット・ポー」に移動します。

「ワット・プラ・ケオ」から徒歩で10分ほどです。食後の運動には、ちょうど良い距離です。

拝観料は300バーツです。


「ワット・ポー」は、僧侶が法を学ぶための王宮寺院で、ラーマ1世が命じて建立されたものです。美しい寺院で、どこを見ても飽きません。

ワットポー

でも、特にラーマ3世によって造立された涅槃仏の大きさには圧倒されます。

全長46m、高さ15mという大きさにもビックリさせられますが、仏像の足の裏の装飾には目を奪われるものがあります。

仏教の世界観を現した真珠で飾られた108の図が、美しい螺鈿(らでん)細工(貝殻を研磨して模様にはめ込んでいく装飾方法)によって描かれています。

ワットポー涅槃仏

この寺院の特徴はまだまだありますが、あと一つ紹介しておきます。

ラーマ3世によって医学の府とされたこの寺院は、東洋医学に基づくタイ古式マッサージの総本山となっているのです。

敷地内では、マッサージを受けることができます。

ワットポーのタイ古式マッサージ

【タイ古式マッサージ】

  • 時間: 8:00~17:00
  • 料金:タイマッサージ30分/260バーツ~
    タイマッサージ1時間/420バーツ~
    足マッサージ30分/280バーツ~
    マッサージ1時間/420バーツ~

※料金は、変更になる場合があります。現地にてご確認ください。

詳細はこちら →


さて、本場のマッサージも堪能したので次に「ワット・アルン(暁の寺)」に移動しましょう。

「ワット・ポー」から徒歩2分ほどのところにある 「ターティアン船着場(tha tien)」から渡し船を利用してアクセスする方法です。

およそ3分ほどで対岸に到着致します。

渡し船の料金は5バーツです。


「ワット・アルン」とは 「暁の寺」という意味です。この名前はヒンドゥー教の神アルナに由来し、その名から夜明けの象徴とされています。

タイで最も有名なランドマークのひとつになっています。

朝日が昇る朝一番の光が寺院に反射し、真珠のような虹色の輝きを放ちます。

やはり、早朝に見るのが良いかもしれません。朝日を拝みながら、寺院をゆっくり堪能してみませんか。何か閃きや新しい発想が生まれるかもしれません。



【参考】

※引用元:タイ国政府観光庁


他の記事を見る →